理想の不動産をサーチする能力を手に入れる方法をチェック

宮大工の仕事

個人の住宅に宮大工の伝統的な技術が生かされます。

individual home

宮大工とは寺社仏閣など日本の伝統的な木造建築を手掛けるための、プロフェッショナルな技術を持つ大工のことです。古来より日本は地震の多い国でしたが、昔は釘をほとんど使わずに独自の木の組み合わせによって耐震性が保たれ、伝統的な国宝や重要文化財などの建築物を今に残すことができました。そこで建築会社や工務店では宮大工の在来工法を生かすことで耐震性を保つという、建築やリフォーム・増築などが行われているところもあります。宮大工がプロの伝統的な技法を発揮することで、日本の気候風土に合った安全性が高く耐久性のある建築物が建てられるというメリットがあります。ただ宮大工の伝来工法では現在のような工法とは違い、手間も時間も要します。しかし一度施工をしてもらうことで、老朽化が進まず一生涯安心して住み続けることができるマイホームを手に入れることができるのです。

伝来工法でマイホームを新築・リフォームするには、どこに依頼すればよいのでしょうか。

ところで建築会社で宮大工を採用しているところはいったいどのように探せばよいのか、また伝来工法でマイホームを新築・リフォームするには、どこに依頼すればよいのでしょうか。このようなところを探すには、建築会社や工務店のホームページを検索するサイトで探すと、比較的早く見つけることが可能です。ただし施工価格は建築会社や工務店により違いますので、依頼する際には事前に確認して見積もりを取っておく必要があります。また建築会社や工務店の見積もりサイトで一括検索しても、宮大工のような技術の高い大工が施工を行っているかどうか知ることができる場合もあります。とにかくマイホームの新築やリフォームを依頼する場合に一番大切なことは、より多くの情報を入手することであるといえます。